投資をすると言っても、どの商品を選ぶかによって大きな違いが出てきます。今回おすすめしたいのは、個人向け国債です。個人向け国債の特徴や選ばれる理由、買い方などについてまとめたので参考にしてみてください。

個人向け国債の特徴

こちらの商品は名前の通り、国の発行する債券を指します。国が発行するということで、もっとも安心できる債券と言っても過言ではありません。一般的には企業や団体が銀行から資金借り入れの時に発行される借用書の一種が債権です。

こちらの商品は企業や団体ではなく、国が発行する債券なので国に一定期間お金を投資するという商品なのです。企業や団体の場合はつぶれてしまう可能性があるのでリスクが高い場合もありますが、国が発行する債券は国がつぶれない限りは安全というものなので、債権の中でもっとも安心できると覚えておきましょう。

ただ、安心できるからといってリスクがないわけではありません。国が発行するから問題ないと考える人もいますが投資ならではのリスクはあるのでそこは忘れないようにしましょう。

投資で個人向け国債が選ばれる理由

こちらの商品が選ばれる理由はさまざまです。基本的に元本割れがない、1万円から交友花王、中途換金も1万円から大丈夫など初心者向けと言ってもいでしょう。年率0.05%の最低金利も保証されていますし、何より国が発行するからという安心度の高さがあります。

ただ、注意したいところは他の商品のように大きな利益がないということです。基本的に投資はリスクが高ければ高いほど利益も大きくなるというシステムになっています。そのため、リスクが少ないこちらの商品は比較的利益が少ないということになってしまうのです。

こういったことが初心者の場合、流れを知る、堅実に利益をあげたいという人には最適と言ってもいいでしょう。利益が少ないからと言って、悪い商品というわけではありません。むしろ、堅実さを考えれば他の商品よりも良いという結論になります。

個人向け国債の買い方

どうやってこちらの商品を買えばいいのかと言えば、難しくありません。近くの取り扱い金融機関でチェックするだけです。証券会社や銀行等に口座がなければ開設する必要があります。口座開設は通常のように本人確認証や印鑑などが必要です。注意したいのは、口座開設する金融機関によっては手数料が必要になることがあります。

口座開設をしたら購入に進むだけです。その際、スタッフから説明があります。ただ、国が発行しているということもあって常時購入できるわけではありません。国債の種類や募集期間などは取り扱い金融機関によって変わってくるので注意しましょう。これは金融機関に問い合わせてください。

さまざまな目的でこちらの商品を購入する人が多くいます。堅実さを求める人は、国が発行するこちらの商品がおすすめです。初心者向けのものでもあるので、これから投資を始めたい人も候補に入れておきましょう。