資産運用が一般のサラリーマンにも浸透してきたのは日本ではつい最近のことになります。少子高齢化によって年金不安が叫ばれた中、金融庁が発表した「老後2,000万円の貯蓄が無ければ破産する」という衝撃的な発表が引き金となりました。そのため、資産運用について考える必要があるのです。

AI投資について

人工知能であるAIが一人ひとりに対して運用プランのアドバイスや提案をしたり、実際に運用を行うのがロボアドバイザーです。ロボアドバイザーには大きく分けると「一任型」と「アドバイス型」があります。このようなAI投資を行うことによって投資初心者や本業が忙しく自分で運用する時間が無いという人でも精度の高い運用を行うことが出来ます。そのため、どのようなタイプを選ぶのかがより重要になっているのです。

「一任型」のロボアドバイザーは年齢、年収、リスクヘッジについての考え方といった質問に答えるだけでユーザー一人ひとりに合わせた運用プランを提案してくれます。その内容に満足したら購入や運用、リバランス、分配金の割り当て運用などを行なってくれるのです。「アドバイス型」のロボアドバイザーは「一任型」と同じように質問に答えるだけでプランの提案をしてくれます。しかし、対象の購入や運用は自分でしなければいけません。

ロボアドバイザーについて

AI投資のロボアドバイザーを選ぶときのポイントは、実績を出し続けているかどうかを調べることが重要です。運用実績が乏しかったり結果が出ていないロボアドバイザーはどうしてもギャンブル的な運用になってしまいます。また、NISAを利用出来るというところも重要なポイントです。さらに、スマートフォン一台あればすべての管理が簡単に行うことが出来るものを選びましょう。

ウェルスナビは簡単な質問を6つ答えるだけで一人ひとりに合わせたポートフィリオを提案し運用までおまかせで行なってくれる「一任型」ロボアドバイザーです。ウェルスナビは2016年の1月にサービスをスタートさせてから2021年5月までリスク許容度に対して25%から54%ほどのリターンを記録しています。NISAに対応しているため運用益に対する税金もかかりません。パソコンとスマホアプリの両方で利用が可能なため、使い勝手が良いと言われています。

目的に合わせて個性を楽しもう

AI投資を行うロボアドバイザーには「一任型」と「アドバイス型」があります。「一任型」は運用そのものを行なってくれますが「アドバイス型」はプランの提案を行いますが実際の運用をすることはありません。そのため、投資初心者や本業が忙しくて自分で運用する時間が無いという人は「一任型」がおすすめだと言われているのです。

そんな「一任型」のロボアドバイザーの中でもおすすめだと言われているのがウェルスナビです。こちらはおよそ5年で実績を積み重ねている上にNISAに適合しているため節税対策にもなります。スマートフォンアプリで運用の一元管理を行うことも評価されているポイントのひとつです。このように、ロボアドバイザーも様々あるため自分に合うものを選びましょう。