資産運用は、日本に住んでいる限り避けて通ることができない道だと言えます。様々な資産運用方法が登場している中で、お金や土地など資産を持っていない方が勝てる投資として注目されているのが、半沢龍之介さんが手掛けているbgs投資です。なぜ、bgs投資はここまで多くの方から注目を集めているのでしょうか。

bgs投資とはどのような投資スタイルなのか

名称にもなっているbgsとは、Be Gaming Stationという3つの単語を使った略称になります。この投資は、スマートフォンアプリを使ったエンジェル投資になります。コロナ不況が、日本経済に大きな影響を与え続けている現在においても、非常に好調なスマートフォンアプリ業界ですので、大きなリターンが期待できると話題となりました。また、手掛けているのが、スマートフォンアプリと親和性の高い半沢龍之介さんという事もあり、信頼度も高かったようです。

このプロジェクトは、あらかじめ期限が決められていたプロジェクトでした。そのため、運よく締め切り前に情報を知ることができた方しか参加することができませんでした。プロジェクトの期限となっていたのは、昨年末の2021年12月31日です。期限までに参加出来た方は、多くの投資家から羨ましがられています。

ネット上の評判について

bgs投資がどのような評判を得ているのか。気になったので、スマートフォンを使って調べてみました。調べてみると、実際に参加している人の多くが、好意的な意見をもっていることが分かりました。そのため、他の投資と比べて良い評判が多くなっていました。実際に事業も順調に進んでいますし、ゲームなどもクオリティの高いものが登場しています。新型コロナウイルスの巣ごもり需要と合わせて、スマートフォンアプリ市場も大きくなっていて、年々規模が拡大しているようです。

そういったゲーミングプラットフォームへの先見性を含めて評価している人は多くいて、投資も順調に推移しているため人気だと考えられます。特にネガティブな口コミの多い投資ジャンルの中でも、評価が高いということはかなりの判断材料になるのではないでしょうか。

bgs投資のメリット

なぜ、この投資スタイルが、多くの方から良い評判を得ている理由として挙げられるのが、時代のニーズに適合しているということです。スマートフォンの性能がアップし、様々なスマートフォンアプリがストレスなく楽しめるようになってきました。また、コロナによる巣ごもり需要もあり、アプリ業界は大きく発展しています。こちらの投資は、アプリ関連の投資スタイルになりますので、今後の需要拡大が確実視されています。

また、エンジェル系の投資スタイルになりますので、一般的な投資と比べて、大きなリターンが期待できるのも魅力だと言えます。実際に研究している方の計算によると、年間の利回りは40パーセント以上というとんでもない数値が算出されているそうです。銀行の金利が0.001パーセントであることを考えると、とんでもない数字であることが理解できると思います。不況になると怪しい投資の話が多くあらわれると言われています。そのため、bgs投資に尻込みをしてしまい、スルーした人の気持ちも分かります。しかし、ここまでメリットの大きな投資はそうそうあるものではありませんでした。

bgs投資の気になる最新情報はこちらから!