本文へスキップ

がん保険の大きな特徴は、診断給付金、長期入院・繰り返し入院でも安心な入院給付金があります。

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

備えて安心 がん保険

日本人の死亡原因第1位は悪性新生物で、罹患率でみると2人に1人はがんにかかっているとのデータもあります。がんは意外に身近な病気であることが分かります。しかし「医療技術の進歩により早期発見、治療で完治することが多い」「医療保険に入っているから大丈夫」と考えている方も多いのではないでしょうか。

万一がんになった場合、どのような治療が必要になるのでしょうか。がんの3大治療は手術、抗がん剤治療、放射線治療です。このうち抗がん剤治療や放射線治療は通院で行われることも多く、がんの種類や程度にもよりますが数週間必要とすることが多いようです。医療保険は入院・手術給付金がメインであり、通院で長期治療を行った場合対応できないケースもでてきます。また、がんでは健康保険対象外の高度な治療(先進医療)受けることも視野に入ってきます。このような、医療保険ではカバーできないがん治療特有の事情に着眼して設計されているのががん保険です。

がん保険の大きな特徴は、悪性新生物と診断された場合に数十万〜数百万円給付される診断給付金、長期入院・繰り返し入院でも安心な入院給付金があります。診断時にまとまった給付金があれば、個々の状況に柔軟に対応でき、精神的負担が多少軽減されます。診断給付金は商品によって1回のみのもの、複数回給付可能なもの、上皮内新生物に対応したものがあります。また、再発の可能性を考えると入院日数無制限は心強いでしょう。

がん保険の保険料は医療保険より高めですが、最近は一定期間給付金対象とならなければ生存給付金などの形で保険料がいくらか戻ってくるものもあります。

がんはこれほど日本人に多い疾患でありながら、その治療、治癒の過程は様々で、再発等も含めてなかなか現実的に考えることが難しいものだと思います。しかし、だからこそ、がん保険の内容を理解して経済的対策を今からとっておくのも一つの手段かと思います。

information新着情報

2016年12月01日
ホームページを更新しました。